ホーム > 建築家と共につくる家 > 事例四 アシハラ ヒロコ 先生

事例四 T-HOUSE

アシハラヒロコ 先生 事例04
建築家から見る水澤工務店
建築家の「こだわり」に全力で応えようとするプロ魂=仕事に対する情熱
施主に対する愛情。そして建築家と互いにリスペクト出来るということ。
水澤工務店の建物の魅力とは?
建築家から見た建物に対するコンセプト
建築家から見た建物に対するコンセプトのイメージ

『頓出の住宅街を歩くと清々しさに目を惹かれる住宅』がコンセプト
施主らしい”清潔感”家族のあたたかさ”を包括するような建築

建物に対するこだわり

東面道路と敷地の段差を生かし、RC造で風通しが良く、明るく、かつ守られ感のある配置計画。戸建住宅ならではの庭を囲むような配置にすることで、どこからでも家族の存在が視野に入るプランニング。また小さなお子さんのいる家族であることを鑑みた。

  • 住宅街の景観として外に働きかける緑性
  • RC造によりシンプルな構成で外部からの守られ感と内部の視線の通りやすい大きな空間のLDK
  • 街に働きかける力、RC打ち放しオーク無垢材(玄関扉、1F床)とのバランス
  • 暮らしの楽しさ
  • オーク練付材を統一することでの上質感(建具、キッチン等)
  • 構造
  • 緑化、赤い手すり
DATA
【T-HOUSE】
設計:アシハラ ヒロコデザイン事務所
構造:RC
面積:252.8㎡
竣工:平成19年