ホーム > 水澤工務店の特長 > 設計について

設計について

水澤工務店のポリシー

設計について

「設計意図を理解し、表現を行う」
吉田五十八賞 賞状のイメージ
吉田五十八賞 賞状
良い設計であればあるほど、その意図を理解する力がなければよい建物はつくれません。私たちは創業より、多くの優れた建築家の先生と仕事をご一緒させていただき、この力を鍛え磨いてまいりました。そして吉田五十八賞の表彰をはじめ、皆様より施工技術を評価いただけていることが、その成果と考えております。
「自らも設計力を高める」
「平山郁夫シルクロード美術館」 グッドデザイン賞 受賞のイメージ
「平山郁夫シルクロード美術館」
グッドデザイン賞 受賞

私たちはこうした蓄積、経験を生かし、お客様のご要望を実現するための手段の一つとして自社での設計の力も研鑽し、設計をしております。

自社設計についても多くのお客様から評価いただいております。平成17年にはグッドデザイン賞をいただきました。設計についても、ものづくりを続けてきたからこそ、できるご提案をさせていただきます。

「私たちとのコミュニケーション」

お客様や建築家の先生の持たれる千差万別のイメージやお考えを、より良い形で具体化し建物をつくることが私たちの仕事です。そのためにも、お客様と私たちとのコミュニケーションが大変重要になってまいります。
現場での打ち合わせをはじめとした私たちとのコミュニケーションに相応のお時間を割いていただくことをお願いいたします。