技術だより

2013年3月19日 火曜日

HOUSE VISION [数寄の家]

住友林業×杉本博司 [数寄の家] のお茶室を施工させていただきました。
多数のご来場ありがとうございます。
2013年3月24日(日)まで

工事中の写真です
 

記事URL

2013年3月18日 月曜日

弊社大工の 今思うこと


弊社大工

記事URL

2013年3月12日 火曜日

工業高校で大工実習をしました

2013年2月14日 弊社 西村代表棟梁が、都立墨田工業高等学校にて大工実習を行ないました。
今年で4年目です。

丸太に墨付けをしています。
西村棟梁が差し金の使い方を指導しています。
生徒の皆さんが、カンナ削りに挑戦しています。

 

記事URL

2013年2月 8日 金曜日

いい「コンクリートの家」って何ですか

MODERN LIVING(モダンリビング) No.175 NOVEMBER 2007 P74より掲載


「木造・数寄屋」 のイメージが強いかもしれませんが、
数寄屋の細かな心遣いを活かし、誠実なコンクリート造りに取り組んでおります。

技術部平野は退職し、現在は技術部の福富が引き継ぎ、コンクリート現場の実体験や講習会などを通して勉強を重ね、若手社員を中心に研修会活動を行っております。

記事URL

2012年12月19日 水曜日

5寸鉋(かんな)


5寸鉋(かんな)

 
社内研修会で5寸鉋の実演を行いました。

「5寸鉋」とは
刃の部分が5寸(≒150mm)の鉋のことを言います。
実際の刃は1~2分程度短いようですが、一般的に使用している鉋が「1寸8分(≒54mm)鉋」ですので、約3倍です。いかに大きいかがわかります。

実際この時実演した大工は、経験18年ですが、このような大鉋は、技量がなければ何年修行をしても出来るものではないそうです。

この時使用した材料は、西川桧の長押材で、長さが12m。
削った厚みは数ミクロン。

この材料は、お寺の本堂に使用しました。
尚、削る作業を行う3日前から、下準備が必要です。




記事URL