技術だより

2014年10月 2日 木曜日

一文字瓦(いちもんじかわら) ~語源と技術~

大工の世界では、昔から「雀と大工は軒で泣く」と言われるほど、軒先の仕事は手の掛かる仕事と言われています。
社寺建築の軒反り程ではありませんが、技術的に水平に見せる「一文字ラインの緊張感」が数寄屋建築の美しさと言われている要因の一つと考えられます。

ブルーノタウトと桂離宮の出会いの中で、ブルーノタウトが語った言葉に「泣きたくなるほど美しい」と言う有名な言葉があります
同じ「泣く」という表現の中に、数寄屋建築の計り知れない奥深さがあるように感じていますが・・・

記事URL

2014年9月 3日 水曜日

玄関引込み戸・真鍮角レール納まり ~語源と技術~

足元にひと工夫。
数寄屋にかかせない木製建具の引込み戸レールです。

記事URL

2014年8月 6日 水曜日

お客様の夢が形になりました

庭が極上のリゾートに生まれ変わりました。
ここにいるだけで、爽やかな心地よい風が吹いてきそうです・・・・・


 
 

 
 

記事URL

2014年7月31日 木曜日

四半敷き ~語源と技術~

和風建築の中に「四」の付く呼び名がたくさんあります。
四阿(しあ)、四分一(しぶいち)、四方差(しほうさし)、四天柱(してんばしら)等々
今回は、その中でも数寄屋の流れの一端を担う『四半敷き』を紹介します。

記事URL

2014年7月 2日 水曜日

弊社大工の 今思うこと Ⅱ


弊社大工


 


 

 

記事URL