技術だより

2015年10月 7日 水曜日

雨落ち(あまおち) ~語源と技術~

 「雨落ち」とは、軒先から落ちる雨水が地面に当たっては跳ね返り、その跳ねた雨水で建物の壁等を汚してしまうことを避けるために砂利を敷き詰め、雨水の跳ね防止を意図して考えられた手法である。
 和風建築/数寄屋建築におけるこの「雨落ち」とは、軒内と庭の繋がりを演出する上でも重要なファクターの一つになっている。

記事URL

2015年6月25日 木曜日

無双(むそう) ~語源と技術~

今回取り上げた無双は「不思議」な動きをするという語源から来ているようで、「夢想」とも書かれ、建築的にも夢に見るような匠の業がまだまだありそうである。
また、相撲に内無双と言う決まり手がある。相手の内ももを下から手で払い、体を捻って相手を肩口から横転させる捻り手であるように、この内無双も「不思議」な動きをする決まり手のようである。

記事URL

2015年4月27日 月曜日

面(めん) ~語源と技術~


「面(めん)」と言う今回も建築ではあまり聞かなくなりつつある言語を少しひも解いてみた。
「面」は、木工事造作では大切な役割を果たすもので、造作現寸図に指示されるべき寸法である。

記事URL

2015年3月19日 木曜日

ひも ~語源と技術~

「ひも」と言うちょっと聞き慣れない言葉のように思われますが、数寄屋住宅の和室にはよく使われる言葉の一つです。
「ひも」のように細長い部材なので、単純に「ひも」と呼んでいるようです。
この技法は壁と天井の取り合いがシャープに見えるので、洋間にも使われています。

記事URL

2015年1月22日 木曜日

建築化照明 ~語源と技術~


数寄屋造りの原型と言われている茶室には照明はありません。
今回のテーマに挙げた建築家照明とは明かりの消えている空間を意識しつつ、明かりがついた時には自然採光と思わせるような高度な技術への挑戦です。

記事URL