水澤をささえる職人魂




ものづくりを支える技術

私たちは、優秀な職人の仕事を管理するだけでなく、職人を育て、成長させることに会社として取り組んできました。
その結果、お客様にも多くの建築家の先生からも「水澤の職人」を高く評価していただいております。
 「水澤の職人」は、近代数奇屋、茶室といった繊細な和の表現から社寺建築のような伝統技術、
そして現代的な工法、材料にも対応できる技術を持っています。


 

※打合せにて内容を決めさせてください
 

木材の品質管理は和風住宅にとって、大変重要なものであり、職人の技術と対になるものです。
品質を確保するためには基準を設け、検査、検品を自社で行える体制と、優良な材料を乾燥材として常に一定量を
ストックしておく必要があります。
これらは地道で大変手間のかかる業務ですが、水澤工務店では「資材課」が材料の確保、管理を行っています。

この存在こそ、私たちが自信を持ってよいものをつくりあげるために必要なものなのです。


 
協力業者全体会議

高い技術力をもって私たちを支え、共にものづくりを行う協力業者の力なくしては、お客様のご要望を形にすることはできません。
長年共にものづくりを行ってきた本社70社余り、甲府支店40社余りの協力業者の「澤友会」は、私たちの大きな財産です。
私たちは合理化、経済性を進めながらも、それ以上にこれらものづくりの基本を大切にしております。